歌や詩になれないこの感情と苦悩。(by Not Found)


by not_tfac

カテゴリ:GvG( 85 )

10/25 gv

時間がないので簡潔版

開幕~
L2MADに攻めるが、ちょっと攻めあぐねていたので、指揮交代させてもらった。

テコンEMCの回転力に大して我々が勝つには、重みのある突撃を2回で成功させる必要がある。

その2回の突撃に全てをかけるためにも、遊撃に翻弄されては意味が無い。
なので日ごろの進軍練習がここで活きるか確かめたかった。

という動画その1(LK視点)

動画の2回目の進軍あたりからがその指揮。

つか今回からメンバーにADSが実装されたがやっぱADSつええわ。

んで再度夢INT→MADと波状攻撃を食らって落城、色々と回ったとおもうが、BFt守るV5へ。

単体火力が多いと言われるBFtだが、やっぱ多い。1人や二人倒したとしても次から次へと攻撃を食らう感じ。特に、一瞬でも気をぬくとメギン?かどうかわかんないけどEDPグリムを食らって決壊とか。

大体のパターンがLKが落とせずに苦労しているところを一人ずつ削られ、ここはジークとかあればよかったかもしれん。

前から後ろからとEMCで翻弄されてしまったイメージ。

しばらくするとBFtが転進したので我々も割って転進。

次に、V3の夢INT防衛に攻めるとBFtも着て共闘申請があったので共闘で攻める事に。
何度目かの突撃でLP敷いて一気に突破に成功した。

なんか最近平地戦ばっかりだったので、久しぶりで楽しかった一戦。

という動画その2(チャンプ視点)

ブレイク後、動画の最後付近に身内用、超自己満動画があるので嫌な人は即効でブラウザを閉じようね!

んで、そのあとV5のROCを武将と共闘チックで攻めたが、時間切れになってしまった(´・ω・`)
うちはともかく、武将からも防ぎきってたし、さすがV5はROCの得意砦だ。

全体的な感想
攻めはある程度、形になってきた。
だが防衛が全く形になってない、というより、やる機会を作ってないのと、ここんとこ作戦所を作ってない。
攻めは現場指揮でなんとかなる(今のところは)が、防衛は作戦書無いと無理だね。
普通はこうだから、ああだからじゃなくて俺らのやり方を次から模索していこうとおもう。
[PR]
by not_tfac | 2009-10-27 01:20 | GvG
指揮:RES
目標:今回最後ということでSE砦を含む3砦取得

序盤~中盤:対DSR連

入り口防衛を築いたところで、DSR連から攻めますとの宣戦布告。

目標は守護石防衛を前回よりも形にするといったものだったが、どうだろうな、5分もったかどうか。
デッドラインを抜けた相手への処理に意識がいってしまい、前面への圧力が維持できず・・・というよりはまあ力負けか。

その後のバリケに関しては、相手が違うから単純な比較は出来ないとはいえ、前回にくらべ脆く感じた。

恐らく根本的な理由としては、前回形を作れたのが城主RES、遊撃MADだったのに対して今回はマスターの特性上から逆パターンによる防衛とし、作戦は最低限の行動指針だけを示し、現場指示は各Gの采配へ任せる形にした。
しかし、逆に言えばそれは前回とは全く別の行動を取る事になるし、月一回のスパンの中で最後にやるにしては失敗だったかな。

結局、30分多分もたずに落城。
FEに転進し、20分程度の分隊行動へ。

偵察やポタ取得も含め20程度だったため時間があまりないので速攻でC5にいき、ちょっと遊んだかというところで時間切れ。

21:15辺りからポタ取得をし再度SEに行き偵察開始。
ここでERTRC連とエル猫の派遣部隊が戦うN5行きを選択。

動画1、N5制圧後ブレイク→防衛後バリケ2での戦闘
競合を排除し、エンペを制圧し防衛準備をしブレイク。
ここは前回と同様、RESを城主とし、MADを遊撃へ。

しかしここでクソラグが発生しており(言い訳)まあぶっちゃけるとエンター連打とかしてバリケ修復でタイムロスをし、バリケ2を復活させたところで既に守護石を破壊され戦闘はバリケ2へ。

この時点で残り16,7分。
前半のSEでの戦績を鑑みた場合勝機は多く見積もったとしても50%を切る。

従って当然ではあるが俺は戦闘への最低限の指示を出しつつ、一方で現場を離れ転進ポタの確認等の作業に入った。

しかしこの日ネカフェでプレイし、廃スペックPC()とかいうPCを使用していたんだが最初からIRCへの画面切り替え時とかに軽くフリーズするなど、当初から危険な兆候があり、LFの指示をし、ポタの指示を確認したところでまさかのRO強制終了、これによりさらに1分のタイムロスが発生。

勝機50%の条件として残り2つのバリケに対し、相手の進軍を考えても1つ最低でも7分以上の防衛時間が必要となるが、俺が復帰したころにはバリケ2は陥落しており、既にバリケ3に前衛が張り付いている状態だった。

バリケ2が目標よりかなり早く(恐らく5分程度)破壊され残り時間から考えても勝算は非常に低かった。
逆に、残り数分でEBされ宿無しになるリスクは非常に高かったが、ここまできたらもう、腹をくくって、最後まで戦うという方針を示しバリケ3での戦闘に入る。

動画2、バリケ3戦闘

俺はバリケ裏の現場指揮に専念することに。
プリが2名しかいなくてリカバ等もあり手が回らず、俺のステでも装備等の効果により1.7K以上のヒールが出来るので集中ヒールに俺も参加。

まあ、どうでもいい話だけど、あくまで、月1しかSEに行かなかった俺の価値観だが、最後だし少し語ってみましょう。勿論他の連合から見た場合は、何を今更というような的外れな事を言ってるのかもしれないけど。

何回かSEをやっているうち、我々のように戦力的に劣っている場合、細かい作戦より一番考えるべきというかFEとは異なる視点を持たないといけない部分というのは、「いくら相手を殺してもバリケを回復しないかぎり必ず削られるのがバリケ戦」だと俺は思った。逆にバリケさえ延命できればいくらでも遅延できる。戦闘は、その手段。まあ勿論理論上の話だけど。

その方法として、例えば指定されたバリケにヒールを集中する。
一見これは理想的というか誰でも理解できる簡単なことに思えるが、現場ではそう簡単にはいかない。
教授の生存に関してはLPの維持という重要な役目もそうなのだが、現実を見た場合ブラギに乗ってあれだけのヒールを連打する=SPがすぐ枯渇するという問題が発生する。
これを他の連合はどう克服してるのかわからないが、少なくとも我々にとってはプリにイグ実を連打しろというのは現実的ではなく、SPチェンジがLPと同様の生命線になっている。
しかもSPを消費するのはプリだけでなくWIZやスクリーム、というかほとんど全てのキャラなため、SPチェンジの重要性があがる=ますます教授の生存が安定に大きな影響を与えている。
そして今度はその教授をまもる献身と、当然ながらブラギの重要性、教授を狙うADS等を妨害する前衛も。

そういう意味で、教授が2名、バリケ裏のLPメインとSPチェンジメインで分担できたのは大きかったかな。

要は、「バリケに集中ヒールをする」という単純なことでも、実際には周りの協力が無ければ出来ないし、それを達成するための意識共有が大事なのかなと。口で一つ一つ説明できれば良いかもしれないが、実際にはバリケ防衛、もしくは遅延に関してのファクターはこれ以外にもあり、更に遊撃Gの話もある。全部をひとつの作戦書に網羅して、というのは事実上不可能。
だから、よく言われる「慣れ」とかってのは、LFの移動とかもあるけど、その辺の意識共有も含まれているのかもしれない。

さて、その後の結果だが、一回バリケ裏にかなり強烈なSGを喰らったりして陣が崩壊しかけたが、EMCで立て直してなんとか立て直すという形の超ギリギリな戦い。
残念ながら動画には時折しか写ってないしこちらの視界からはあまり見えなかったが、恐らくMADも懸命に戦ってくれ、バリケ前の空間を掌握する場面もあった。
最終的には、シールドブーメランなどにより暁側の鎧をかなり破壊することにも成功している。

押しつ押されつを繰り返しの約10分間だったがなんとかラスト1本を守りきってGv終了。

当初の目標の3砦というのは勿論、SE砦に攻め手が無かった場合の話で、且つ奇跡的に派遣がレースとかも含めて成功した場合の話で、結果はSE1砦だから経費的には微妙な選択だったのかもしれないが、最後の最後に戦闘の末にSEを初取得という結果が残せて良かった。

RESだけなのかもしれないけど、いつにもましてGv後は楽しかったという声が聞こえたし、こういう戦闘が出来るのならSEもやっぱり楽しいんだと思う。

さて、今回でMR連解散ということで、本当にお疲れ様でした。
うちが入ったときは午後連と呼ばれていて、YGの撤退もありMR連という形となったけど、何も無いところからスタートした我々が今日までやってこれたのは午後連、MR連があったからこそ。

ベクトルは最初同じような方向を向いていても、ベクトルを伸ばしていく=時間が進むにつれてその差異は開いていくもんだし、別にどちらの考え方が正しいとかいう話ではなく、考え方はギルドそれぞれ。

RESはこのあと少なくとも2、3回は単体でやる予定だけど、その後の予定は白紙。

単体で行くのかFEでの同盟を探すのか、探すとしたらどういう規模なのか。あるいはSEでの同盟も探してみるのか。
が、いずれにしてもまずは単体で伸び伸びやってみたいね。
[PR]
by not_tfac | 2009-09-22 04:48 | GvG

5/10 GvG

開幕~
バリケ破壊最速フローを試行するため作戦書を用意したが、なぜか指揮官の指示は作戦書のAではなくNへ。タイムアタックをする前に練習する目的だったのかな。

その後事前準備をしていたAエリアへ向かい守護石破壊+バリケ破壊+SE砦エンペブレイクタイムアタックを開始するも、重力により時間が倍以上かかって、不発が多く全く意味を成さなかった。

その後防衛を試みるが来客は無くFEへ転進指令を出し、指揮は俺に交代。

V3 レースを止め階段防衛開始。

結論からいうと、FP、NW、INTが入れ替わり攻めてきて20分間ほど守ったあとFPの金ゴキ(?)教授にてこずったり、NWのLKを止め切れず落城している。

細かいことを言ってもアレなんで省略するが、ひとついえんのは、

遊撃と自殺は違う。
何も考えずに飛び出して死ぬのはただの自殺だ。
自殺とEMC復帰を繰り返すだけは、強くはなれない。

言葉でいったって、わかんねーだろう。
その辺一度資料作らんとな・・・。

落城に繋がった直接的な要因としては、LKのナハト剣によるBBだったと思う。

主観では今の階段防衛に足りないものは、いかにLKを止めるHitStopを確立するか、かな。


NWの防衛を3回目くらいの突撃で崩して制圧。

その後箱庭連が攻めてきて、俺は全力防衛の指示を出した。

過去に俺は大手の派遣から守りきるという目標を掲げている。
だが、例えば、大手全軍の戦力を30人程度の規模で守りきれるかといえば、Gvとはそんな簡単なものではないが、

現実的な範囲としては、相手連合が我々の攻略に投入した戦力の代償として、FE砦1砦しかとれない、上手く行けば0というところまで連度を上げて生きたいと思うし、まずはそこならば達成可能かもしれない。

逆説的だが、それを達成するには「相手が大手だから無理だ、転進しよう」というような士気では到底無理だとも思うけど。

同時に、転進指示を出すタイムリミットと転進先のめぼしをつけておくのも、当然ながら必要かな。

そんなわけでC5を取得し終了。

その他雑感。

EDPAXは高火力という考え方が一般的だが、例えばチャンプ等と比較すると、メギンでもない限り実際には魂やフル支援、相手に応じた付与などが無いと、中衛以下を一画で落とせない場面はかなりあると思った。
そう考えると、例えばディスを喰らったりするとかなり火力は落ちる。

俺が厄介だと感じるAXの動きとしてはSB確殺→クローク→次の目標SB確殺もしくはグリムとかだけど、
強いと感じるAXは上記も考慮した上で自分がどれだけのダメージを出せるのか理解してた動きをしてくるので、そう感じるのだろう。

あと今更だが、BM無しの動きには限界があるかな。

回復が出ないようなラグゲーならともかく、EDPとか万能薬、付与が「とっさに出せない」のはかなりのディスアドバンテージのようだ。
[PR]
by not_tfac | 2009-05-13 23:34 | GvG

ケンセイ、そして・・

転生したギルメンを引き上げようと、夜こっそりケンセイを作った。
f0127467_15112934.jpg


最初某ハイプリに壁をしてもらってたんだが、俺がケンセイを作ろうとしている聞きつけて次々にギルメンが手伝いに来てくれ、即効でレベルが上がった。
f0127467_15113989.jpg


後で思ったんだが、バリケードに対して温もりって効くのだろうか。

効くんなら結構ダメージソースになりそうだけど、奇跡起こすのがめんどい。

となると、ラストの無人砦奇襲用かな、使えても。
[PR]
by not_tfac | 2009-04-30 15:20 | GvG

V3階段イナバ防衛

以前妄想した防衛ラインがついに実現されるときが来た。

前回、俺らが指揮だった回に実践できなかったので、今回は別G指揮の元でやることになったのだけど、
V3に関しては指揮官が前回の作戦書をそのまま使ってくれた。

一発目は確実にgdると思ったし、現場であーだこーだと指示しなきゃいけないだろうなあと、思ってたんだけど、皆作戦書を良く見ていたというのが伝わってくるくらい、配置はスムーズだったと思う。

20:00~20:30敵が来なくてションボリ。
だが、せっかく新防衛を出来るチャンスということで辛抱強くまつ。

20:30~
いい加減転進しようかと偵察に走っているところで格上のチラ猫が攻めてくる。
ここで相手の突撃を喰らったのだが、相手LKを落としきれず、また相手のスクリームにより後衛火力がほぼ機能せずに、一回目の突撃で落とされた気がする。

阿修羅を撃つ際のSP管理として、LK側の武器や頭装備を見て威力を判断するんだが、
例えばベレーと短剣だった場合、人間耐性51%の可能性が高い。
だが、槍や運動会帽子?だったのにも関わらず落ちなかったのでデビリンの可能性が高い。

とにかく、一回目の防衛は失敗。

攻守入れ替えで今度はこちらが攻め。
相手はオーソドックスなERロキ防衛を敷いている。

前回までの反省を活かし3ラスに集合後即突撃。リチャージして2回目の集合突撃。
さらにリチャージして3ラスに戻ってくると、なぜか相手が3MAPENDでEMCをしている。

IRCで中が崩れているという報告をうけ、そのまま中へ。
その報告GJだと思う。報告が無い場合、中が如何なっているかも分からず延々と3MAPでリチャージEMCしてしまうので。(中見に行ってロキにつかまり死ねないので)

ERでEMCをし、制圧、制圧後ブレイクして再び階段防衛を開始。

するとNWや武将も攻めに追加。

リチャージ中に見たが、恐らく3MAPで争っていたと思われる。

が鍵になるので、
こちらが意図せずとも、相手が階段上で争っていると、こちらにとっては好都合な場面となる。

先ほどよりはLKに耐えられて処理が遅れるということもなく、NWとチラ猫が階段で争いながらも交互に突撃してくるが、安定して防いでいたように見えた。

しかし、大きな盲点があった。

このラインの性質上、相手のノピによる侵入はされ放題なので、そちらに対しては一応対策を練っていた。

が、NWのゴスチェイスマスターが脅威となり、チェイス対策が甘かったために抜かれて後方でEMCをされる。
1度こちらもEMCをして体制を立て直そうとするが、相手の再度のEMCで完全にやられてしまった。

再度攻守逆転、だがNWは構成が防衛に向いていないらしく初回で制圧し、
再度の階段防衛を構築する。

今度はチェイス対策も即興だが取り入れ、裏EMCは防いでいたように思う。

が、NWの突撃のあと顔文字のギルドに大幅な進入を許し、崩される。

エンペ周りの乱戦となるが、YG→RESとEMCで盛り返し、再び階段防衛へ。

ここで攻め手にSNK連追加。

まじか、と思い手持ちのパイを見ると残り300程度。

SNKはこちらの1.5~2倍の戦力だろうから、重要なのは出鼻をくじくことだと思うので、相手が集合仕切る前に階段上につっこみ阿修羅を連射。
だがパイを使うといくらでも連射でき、一瞬でパイは消えた。

そして俺の手持ちと倉庫の在庫も切れたので最後の阿修羅を撃ったあと死に、ccしてパイ等を購入してきた。

その間に完全に制圧されたらしく、ここからラストの攻防に向けた準備を開始する。

余談だがこのV3階段防衛に関しては、卯月さんに動画をUpしてもらうと思うけど、
モロに配置が見えるような場面はカットしてもらった。

さて、

まずは本城としてL2を制圧。
奇襲先を探す。

すると45分ほどからEAが単体で攻めてくる。
なのでEMCでライン再構築。

相手をナメているとかではなく、L2に関しては以前にEA単体では凌いでいるのだから、増援が来ることも考えここは焦らずに制圧解除を有効に使いたいところ。

が、色々な事情で予想より早く制圧解除をし、俺の準備が遅れた。

やっべーまにあわねーとか思いながらERを目指す途中、既に相手が進行しており集中粘着を喰らい死亡、

これはまじで間に合わん・・・と思ったがYGが粘っていたのでEMCして体制を整えようとするも、
単機AXの突破を許し数秒でエンペを割られる。

だが残りまだ10分、諦めるのは早すぎるってことでカウンター、
ER端で献身を貰いEMCを通してリチャージ、戻ってくる頃には大分削れていたので両Gとも島でEMCをし、
制圧しなおす。

AXにはエンペに触れさせん!!という意気込みでなんとか凌いでいたが、阿修羅を不発させるとそれだけ時間ロスになるので、人ごみの中で正確なターゲッティングが要求され、
画面に集中していると、画面暗転、時計は確認していたがまだ割らないだろうと思ってたら、再び制圧解除指示が出ていたのに気付かなかった。

残り3分、うっそまじか!とか思いながらERを目指して島でEMC、
この時点相手がほぼ全軍であると確認したが、何とか凌いで終了。


つうか、思ったんだが、
EAが割ったのを制圧してたんだから、相手はエンペ触れなかったんだよね。


で、読み返してみるとまた長文になったか。

V3に関してはメリットとデメリットがある。

V3=ロキ防衛というイメージが強いと思われるが、俺は昔ほどロキ防衛には向いていないと考える。

それは、LKのメイン範囲攻撃がBDSからBBに変わったことが関係しており、BBというのは防衛に於いて決して無視できないHitStopと優秀な範囲状態異常攻撃なのだが、
V3の入り口階段最下段はほとんどがBBガーターラインなのだ。

従って、前衛のHitStopに頼らない=かなり大掛かりな布陣を敷かない限り、V3ロキ防衛は小規模には向いていないと考える。

これはC3でのイナバでも同じことが言える。

なので、奥の階段の場合、LKのBBがフルに活用できるというのが一つのメリット。

デメリットは言わずもがなだし、隠すほどのことでもなくノピEMCがしやすい、チェイスなどにぬけられた後、
後ろの空間が広すぎて逃げ回られると面倒となる点。

その意味ではL2のほうが後ろの空間がほぼ無いので楽であるが、その分デメリットもある。

要は、イナバ=エンペ付近での布陣という単純な捉え方ではあまりにも不十分で、
砦毎の個性を理解したうえで、布陣をしなければむしろ、普通のロキ防衛より脆いと俺は思う。


まあでっていう話。
[PR]
by not_tfac | 2009-04-27 18:27 | GvG
宿無し
[PR]
by not_tfac | 2009-04-13 23:04 | GvG

3/22

今日も熱いGvの時間です。

予定:ロキ防衛の練習

開幕前~
いつものロキペアがまだINしてない!ってことでINするまでの間、L2でイナバをすることに。
人的余裕が無いため、PT編成にいつも時間が掛かってしまうのだが、開幕時間になったので慌てて砦にGO。

するとWRCがやる気満々で砦前に。

まじかよ・・先週あれだけやったから、今日はまあ最初は軽く行くだろうと思ってたが、
一度でもレジスタンスの砦落とさない限り気が済まねえ的オーラだしまくってた。

うはWRCきてるお!
といいつつ急いでERにいき、EMC。

すぐにリチャージするためリログ、した直後に大量の死亡アナウンス。

え???まじで??なんでもうやられたのか?

と思ったら、同盟組み忘れてた\(^o^)/

即効で同盟組んで再度陣形を整えWRCを迎え撃つ。

と、武将が着ておりWRCの背後を突いていた。

ここは悪いが、WRCの意気込みに答えるためにもあえて武将を排除しに、高台でEMCした後、(どうせリログするので)わざわざ階段下りていって武将を倒しに行ったが、そんなことをWRCが知るはずもなく両方から攻撃くらいつつ、最終的にはWOWも倒したりして序盤からエンジン全開気味。

が、多分15分くらいやったところで転進指示。

あくまで今回はロキメインということでL4に転進。

L4、レーサーが来るくらいで特に戦闘無し。

V3に移動、本日の山場2回目。

空きとりでを割って防衛ライン構築、するとWRC連が再度進行。
こちらはそれに対してWPロキでラインを引く。

しかし今回WIZが少なく火力不足は否めず、砂(ふぃり)の欠席も痛かった。

階段上でEMCをするも、アンサー等も追加され、一気に突破を許す。

舞台はエンペ周りのイナバへ。

まあここは押し込まれていた割には守れたかもしれないし、ほとんど平地戦だったので楽しかったといえば楽しかった。

それとは別に、個人的な反省点として、この場面の俺の動きがクソかった。
味方に阿修羅クリックして不発を何回させただろうか。
焦っていた、というよりも、味方が敵の近くを歩いて、クリックした瞬間に重なるということは結構あるし、なんと言うかカーソルが吸われるので、
それを考えた上でターゲッティングしないと、単なる経費の無駄だけでなく(勿論そこは自腹)、敵にエンペを割られてしまう。

最後割られたときも、ちゃんと献身をもらって、阿修羅ミスがなければあと3分は持てたかな。いやわからんけど。

ただ、この連合の人数でエンペ周りのイナバはスペックオーバーなので、本格的にやるならもっと作戦を練る必要がある。

スペックオーバーとはつまり、特に方向を統一していない平地の乱戦だと阿修羅に頼った防衛になりがちで、初期のレジスタンスがそうだったのだが、その方法ではかなり限界を感じた。少なくとも自軍より相手のほうが多い場合、確実に処理が間に合わなくなる。
しかもV3のエンペ周りの場合、階段からエンペへの進入経路が3つもありその穴を全てふさぐというのは不可能だ。

となると穴をひとつに絞る必要があり、今ぱっと考えると階段上になるかな。

しかし、崖上が崖撃ち不可ということもあり簡単にLPを通すことが出来るため、階段の脇に教授を配置してのLPの相殺合戦は必須だし、
階段下でただ大魔法を撃って、抜けてきたのを阿修羅で排除するというだけでは、大量に突撃された瞬間に終わる。

A5の守護石下の通路での、LPによる押し合いのような形を、あの階段でやり、
来た敵を倒すというよりも、敵を倒すために押し上げていくような形にしないと守りきるのはきついと思った。

まあその辺、月一回の連合Pv(Gv練習用ルール)が活きてきそうなので、積極的にやっていきたいところである。

その後L4に転進、ラストはV2に派遣にいったがCAFELATE?(スペル曖昧)がイナバをしておりタイムアップ、L4獲得。
[PR]
by not_tfac | 2009-03-23 02:54 | GvG

L2 攻略

WRCとの戦闘の感想。

やっててすごく熱意を感じた。
いや熱意あるよWRCは。

崖下から制圧空間への崖撃ち、崖撃ち不可地帯での忘れないで、等がいい意味でうざかったし
かなり熱心に研究しているのが分かった。

その熱心さには敬意を表するが、それ故に、盲点というか、もったいないなと感じた部分があった。
ああ、盲点じゃないな。

視点が違うんじゃないかな。

目立ってたのはこちらのデッドラインに何度も進入してくるLKとAX。
LKは対人装備を固めており、厄介だったし、AXも人ごみの中にいつもまぎれて来る。

対人装備と反射装備を持ちかえたりすれば、もっと厄介になるんじゃないかと思った。

以前、ケットとL2で対戦したときに痛感したのは
L2は制圧空間、またはデッドラインに突撃されてから敵を倒すというのは実質不可能。
なぜならば、制圧空間外から、制圧空間をつっきりデッドライン到達まで1クリックでいける。

それに大量に突っ込まれると、人が密集しすぎててクリックしづらいというのも結構デカイ。

つまり、ロキ防衛のように長い制圧空間(大魔法地帯)を歩かせ、そこでふるいにかけるという戦い方は出来ない。

逆に言うと1クリックで制圧空間を突破できる場所(適当にスタートラインと呼ぶ)までいかに前衛陣+αが詰め寄ることが出来るかだし、
防衛側視点でいうといかにそれを阻止するか。

前衛のみならず中衛、後衛までが準備万全の体制でスタートラインに到達した場合、
敵LKをバタバタ即死させられるような、よほどの火力が無い限り、その時点でほぼ勝敗は決まっている。

これ以上書くとアレなんで書きませんがまあ俺の視点はそんな感じですね。

今度銭様とネット飲み会()で語り合ってみるかな!


あとは、別にWRCと比べてうちのほうが質がいいです!ッてことを言いたいのではなく、
それとは無関係で最近思ってることで、イナバにも関連することなのだが、

Gv=数ゲーと考えたとき、極端にいうと自軍の数をいかに減らさずに、相手の数を減らしていくかということになんだが、相手の数を直接減らすことの出来るチャンプ等の質の差が、小規模は特に戦局を左右する。
(小規模の場合一人欠けた時の戦力の減少率が大きいから)

SE実装によりますます平地戦をする機会が増え、どの連合もスクリームに重点を置き始めており、
VIT60以下のチャンプでは阿修羅スタン不発したり、スタンによりSP剤叩きがままならない=回転力不足に陥ったり、最悪歩くのすらままならない。

これは今更強調することではないが、
全体的なVITLKの成熟により、1発火力の阿修羅にとっては辛い時代でもある。D装備があるとはいえ、その分反射もあるし。

つまり、何が言いたいのかというと、俺はもっと強くなんなきゃダメだなって独り言。


そういや、FPの#は驚愕だったな。
どんな装備、ステをしているのか気になり、
一発2K近くのダメージをAspd190でくらったとして、それだけのスペックを出すには・・・とらとりおで計算というか妄想をしてみたんだが、AGI-DEXカンスト+課金料理+バーサクピッチャーでもAspd188.8、

まさかDOPcか?なんて思ったが、有り得なくも無いような。

さて、

今後の展望。
大型化の波に、うちは乗らない。
多分、「負けるから」っていう理由で数だけ増やしても、意識の高い同数の連合には勝てないだろうし、
内容で負けてて数に頼った複数砦を取る作業なんてやってても面白くないだろうし。

この規模でやりつくした!っていうところまで、まずは自分なりにやってみたい。

あとやっぱFEのノーラグゲーのほうが楽しいってやっぱり。

以下、あくまで俺の目標(連合の目標ではありません)

ステップ1:ラスト10分~のSE層派遣に対してロキ防衛で守りきるだけの力を付ける。
大手に「落とせないと思わせる」のではなく、落とさせない。まずはここを目標。

ステップ2:SE層派遣に対してイナバ防衛(平地)で守りきる。
=平地、イナバでの経験を積み地力を上げていく。

ステップ3:SEのバリケ、守護石最速破壊フローを確立し、大手派遣の牽制とする。

ステップ4:SE砦の取得。

まあそれもあるし、あとはいつでも公平狩りが出来るように、
2009年の長期目標としてはギルメン半数転生オーラ、今時点で未転成の人は転生90台という目標を掲げて活動しています。
但し、「無理をしない」というのがモットーなので、目標ではあるが、ノルマでは無い。

前にも書いたが、うちは初心者も多く、例えば俺の復帰を知り、マッタリギルドから移住してきて、しかもGvに役立つキャラを一から作ってくれた人も居る。
そういう人も含めて、まずは短期目標の「全員90↑」に向かって活動している。
無理の無い範囲で、今のところ順調に進んでいるかな、有る程度。

ギルメンの募集に関しては、今後もします。
だけど偏った編成ではダメ。

SEも見越した場合、
前衛、中衛、後衛がバランスよく、そしてブラギ、教授、スクリーム、脱衣等の要職もきちんといるという1Gで一つの戦力として纏まれる構成が理想。

なので恐らく職限定の募集になると思います。
現在募集中なのはプリ、教授、前衛。やる気があれば基本的に誰でも歓迎。まずは面接からですね。

チャンプも募集していますが、チャンプに関しては↑に書いたような理由で条件があります。
それに関しては後ほど。
[PR]
by not_tfac | 2009-03-18 23:26 | GvG

さて、

久々に穏やかな週末を迎えたぜ、さあGvレポを書くぞー!・・ってもう土曜だし今更だよな。

まずSE A5空き家ブレイク→さくっと守護石復活=城門復活させておいて、その間にバリケードを直してもらおう、等と考えていたのだが、どうやらその辺のフロー自体、摺り合わせ不足だったみたいで、

アタフタしてる間に敵に攻められ即効で落とされ、不慣れ感が否めなかった。

野良連にブレイクされた後、即攻め入り第3バリケ付近で戦闘開始、その間に守護石が設置され入り口に10人程度の封鎖が。

とりあえず守護石破壊に向かわねば、ってことで残影で突破し途中で敵に見つかり追いかけられるも、
守護石のある部屋でクロークで潜伏成功。
f0127467_1256308.jpg

5、6人くらい哨戒してたんだが上手く潜伏できたのでEMC、しかし元々かなり重かったのに、
多分自分らのEMCで余計に重くなり鯖缶も多数、ガーディアンとSGをくらい全く動けずに死亡という悲しい結末が待っていた。

いやー、これはあれだな。

ずっとFEで激軽ゲーをやってたから、SEのこの重さはちょっとショッキングだった。

重いなら重いなりの動き方とかがあるんだが、まずそれに全く慣れていない(敵の目前で餅連打してしまい動けなくなったり)

これは、うーん。

すぐに見切りをつけてFEへ転進、C3へ行きFPと戦闘開始。

f0127467_1321569.jpg

うわ、軽っ、みたいな。

イナバ防衛についてこの時色々試したんだが、元々L2用の戦術だった為大した戦果は確認出来なかった。
もう少し汎用性があると思ったんだが、攻め側視点からいうと、EMCからほぼ隊列を乱さずに半画面程度の移動で制圧地帯に突っ込めるこのC3では、あまり効果は無さそうだった。

落とし落とされを繰り返したんだがL2に転進して戦場を変更しても良かったかな。

ちなみにFPは単体でした多分。

ラストL5制圧完了、と同時に多数の来客を確認。

しるさんち、WRCの突撃を1回ずつ受けるも防いで終了。


全体的な感想
あの糞ラグSEより、FEのほうが軽くて楽しいと思うんだが、どうかな。
少なくとも俺は、そう思った。
もう少しいい具合に分散してくれればいいと思うんだがな。

SE実装されたばっかりだし、しょうがないか。
[PR]
by not_tfac | 2009-02-28 13:13 | GvG

gv

マジここんとこ多忙でレポが書けない件について。
[PR]
by not_tfac | 2009-02-20 20:20 | GvG