歌や詩になれないこの感情と苦悩。(by Not Found)


by not_tfac

<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Tommy Heavenly6

俺のやり方が正しいとかじゃなく、単なる自G紹介の一つ。

Gv後の当ギルドの反省会はきっかり10分。

やる気がないとか面倒だとかそんなわけはない。

まず、俺が燃え尽きてる。

Gv終わった後に長時間の討論とか100パー無理。
その状況で誰が何を言っていたかの議事録を全部暗記できる人等恐らく居ないだろう。
ましてや会議とは名ばかりで、一人が延々と演説してたら、多分8割の人はまともに聞いていない。

上から目線とか、説教とか論外。

Gvは好き。そして会議も好き、って人がどれくらいいるだろうか。

人それぞれ伝えたいことは有るだろう。

楽しかった、つまんなかった、ここをこうすればよかった、ここをこうしてほしい。

でも相手の記憶に残らなければ次のGvに活かすことはできない。

だからこの短時間でメンバーに一番理解してもらいたいことを、次のGvでも覚えててもらえるように出来るだけ短く簡潔に纏めて話す必要がある。

というか、Gv後の反省会よりも作戦書のほうを重要視している。
やる前に読めば8割の人は覚えているだろうから。

冒頭でも書いたが、このやり方が正しいとかじゃなくて、自分らには多分合ってる。
[PR]
by not_tfac | 2009-03-31 21:12

gv雑感(雑な感想)

今回の予定

・前半SEの空き砦をWRCに割ってもらい、こちらが攻める。(可能なら)
・後半、L2イナバで色々試す。

うちの連合はFEメインで活動してるが、
だいたいRESが指揮担当の週はSEにも行きます。

開幕、WRC側がSEの某砦をブレイクしバリケ等を構築するまでの間、空き屋のL2を割り防衛開始。
攻め手には輪廻連。

遊撃回収のEMCが少し早すぎたか、致命傷を負わせる前に回収してしまい1回目か2回目の突撃でライン崩壊、そしてソロGに割られる。
俺は動画とってないんで、別な人の動画を見て何があったのか良く研究しておきたいところ。

カウンターを仕掛けるもここは輪廻のほうが先に高台でEMCしておりブレイクされる。
再度カウンターを仕掛け、ブレイク。

この時点でWRCはF5へ転進し再度ライン構築を始める。

こちらはブレイク後イナバのまま偵察を出しているとEu単体登場。
すぐにラインを再構築し、防衛体制に入る。

左右から進軍し突撃を開始してくるが、3回ほど凌ぎきる。
恐らく、久しぶりのFE戦で慣れていなかったのかもしれない。

するとNERO追加、これは厳しそうだったが、2度ほど耐えたところでKoN武登場。
10人くらいのギルドという認識だったが、同盟を組んでおり15人位の規模だった。
L2でよくある光景、崖下でのつぶし合いがあるかと思ったが、ここでEA連は撤退。
KoN武の攻撃を凌ぎ、ER、第3クリアに。

以前の大手分隊行動のようにFEにEuが来るのは珍しかった。
俺としては楽しかったので良かったと思う。

ここでWRCの様子を伺うと、バリケ構築後2つの連合に攻められており、攻め手同士が争っているとの報せ。
WRCに防衛を依頼しておいて一度も戦闘をしなかったらさすがにアレだし、SEでの平地戦を未だ一度もやってないので、WRC側に加勢する形でA5へ転進。
但し、同盟は組めないとのことで、同盟無しでの加勢だったため、最初は誤爆があった。

かくいう俺も一度間違ってWRCのクリエさんに阿修羅を撃ってしまいました。本当に済みません。

とはいえ、WRCの砦確保を手伝うわけではないので、9時20分と時間を決め、攻め手に攻撃を開始。
ちなみにやはりSEは重く・・・
前半がFEでのイナバだったために余計に酷く感じた。

SEに行くならこのラグは避けては通れないだろうし、ラグがあるのを考慮した上で動かなければならないだろうね。

9時20分まで野良連と戦い、区切りのいいところで転進。

確保まで時間があるのでV1の輪廻連に攻める。

1度目の突撃で突破に成功、エンペ周りでEMCをし制圧に入ろうと思ったのだが制圧指示が遅れブレイクしてしまう。

とりあえずそのまま防衛を継続していると輪廻連は撤退。
敵がいなくなったのでこの間にうちのセカンドギルドでブレイクをする、と同時に箱庭、GSが攻めてきて、ロキも無かったため2度目の突撃を喰らいライン崩壊。GODIVAがブレイク。

この時点で残り9分半程度。転進先を探す。
L2がWOWでポタもL2。

宿無しでもいいですか?との俺の問いに、構いませんとの返事が貰えたので宿無し覚悟でL2に挑む。

すると既にエンペ高台は野良INTが制圧中。但し全軍ではない模様でINT(緑)がメイン。
そして攻め手にはWRCの姿も。
制圧状態だったが、ここをブレイクに成功し、残り3分程度、イナバで守りきる。

今回はマッチメイクに恵まれ、非常に楽しめたと思います。

全てが偶然というわけではないだろうし、RESに関して言えば初心者の多いうちがC5でGvごっこをやっていたときに比べれば、確実に進歩はしている、但し、ラストは、なぜかINTが制圧解除しなかったので、運の要素もあったと思うし宿無しでもおかしくは無かった。
連合の前衛PTが頑張って割ってくれて助かったという感じかな。

前ケットとL2対戦したとき、数分で落とされたのが俺の中でいい経験というか刺激になって俺なりに研究はしてきた。
対輪廻連に関してはお互いに即効落とし落とされという感じで、もっと研究が必要なのと
個人的にケットにもいつかリベンジしたい。

また、今回EuがFEに北という事は、今後大手中堅がFEに参戦してくる可能性も十分考えられる。
当然戦う場面も出てくるだろう。

今日の結果で満足せずにもっと精進していきたい。
[PR]
by not_tfac | 2009-03-30 00:01

Oh Miss

某AXの動画を見てきづいたがV3は空き砦ではなくてNWが防衛してたのか。
忙しかったせいかあんま覚えてない。

ま、それはそうと、某銭氏とGv後に会話をし、WRCは深夜12時まで熱く反省会をしていたそうだ。

L2の最後、肩透かしのような状態になってしまった為か、V3でのWRCの突撃がいつもより迫力あったような。

しかしまあ、あれだな。

最近FEでの小規模戦が楽しすぎる。
その分経費も痛いけど、あんだけ楽しめるんなら全然オッケーだろう。

過去に撮った動画と、今現在のを見比べてみると
昔良くあんなラグゲーやって「今日は熱かったです^^」とか言えたもんだなと。
それぐらい、今のFEが軽いんだよなあ。

他所の方針に俺の立場の人間が口出すのはアレなんだけどさ。

あれほどラグをきらってたGvプレイヤーは、目の前にノーラグ砦があるのに、何故こぞってSEに固執するのだろう。

敢えて捻じ曲がった見方をする。
「Gv=砦の収益の競い合いゲー」という思想に洗脳されすぎじゃね?

SEを取れない小規模は大手に蹂躙されるから、対抗策として徒党を組んでみました。

連合の指導者はそれでほっと胸を撫で下ろしてるかもしれない。
でもついてくるメンバーはどうだろう、そろそろラグゲーに嫌気が差してくるんじゃないか?


なーんてね。
邪推、というかほとんど冗談です。本気にしないで下さい。

いや、分かってる。
SE砦で勝つために、努力して研究して、ラグの中でも熱い戦いがあることくらい、俺にも伝わってくる。

ただ、だからこそ、ラグラグって嘆いている姿が哀れというかなんというか・・・

WESに向けたSESのポジティブキャンペーンか、自発的に動ける人ってすごいと思うし応援したい。
ならお前もやれよ!ッて思われそうですが、いや私は今目の前のことで手一杯なもので・・・
余裕が出来たら、手伝わせて頂きます。

まあ、せっかくのポジティブキャンペーンも、移住してきた人がラグゲーの現状を知ったら泣くよな。

それもあって、まあ、うーん、もう少し上手い具合に戦地を分散できたら、いいんだろうけどな。

理想論だけどさ。

そういや、他鯖動画だけど、このHWつええ
HWだから、死に安いんだけど、死ぬまでの間に自分が出来ることを最大限やってるって感じだし、HWのモロさと攻撃力を良く把握してる感じで、相手にしたら相当厄介そうな感じ。
[PR]
by not_tfac | 2009-03-23 20:09

3/22

今日も熱いGvの時間です。

予定:ロキ防衛の練習

開幕前~
いつものロキペアがまだINしてない!ってことでINするまでの間、L2でイナバをすることに。
人的余裕が無いため、PT編成にいつも時間が掛かってしまうのだが、開幕時間になったので慌てて砦にGO。

するとWRCがやる気満々で砦前に。

まじかよ・・先週あれだけやったから、今日はまあ最初は軽く行くだろうと思ってたが、
一度でもレジスタンスの砦落とさない限り気が済まねえ的オーラだしまくってた。

うはWRCきてるお!
といいつつ急いでERにいき、EMC。

すぐにリチャージするためリログ、した直後に大量の死亡アナウンス。

え???まじで??なんでもうやられたのか?

と思ったら、同盟組み忘れてた\(^o^)/

即効で同盟組んで再度陣形を整えWRCを迎え撃つ。

と、武将が着ておりWRCの背後を突いていた。

ここは悪いが、WRCの意気込みに答えるためにもあえて武将を排除しに、高台でEMCした後、(どうせリログするので)わざわざ階段下りていって武将を倒しに行ったが、そんなことをWRCが知るはずもなく両方から攻撃くらいつつ、最終的にはWOWも倒したりして序盤からエンジン全開気味。

が、多分15分くらいやったところで転進指示。

あくまで今回はロキメインということでL4に転進。

L4、レーサーが来るくらいで特に戦闘無し。

V3に移動、本日の山場2回目。

空きとりでを割って防衛ライン構築、するとWRC連が再度進行。
こちらはそれに対してWPロキでラインを引く。

しかし今回WIZが少なく火力不足は否めず、砂(ふぃり)の欠席も痛かった。

階段上でEMCをするも、アンサー等も追加され、一気に突破を許す。

舞台はエンペ周りのイナバへ。

まあここは押し込まれていた割には守れたかもしれないし、ほとんど平地戦だったので楽しかったといえば楽しかった。

それとは別に、個人的な反省点として、この場面の俺の動きがクソかった。
味方に阿修羅クリックして不発を何回させただろうか。
焦っていた、というよりも、味方が敵の近くを歩いて、クリックした瞬間に重なるということは結構あるし、なんと言うかカーソルが吸われるので、
それを考えた上でターゲッティングしないと、単なる経費の無駄だけでなく(勿論そこは自腹)、敵にエンペを割られてしまう。

最後割られたときも、ちゃんと献身をもらって、阿修羅ミスがなければあと3分は持てたかな。いやわからんけど。

ただ、この連合の人数でエンペ周りのイナバはスペックオーバーなので、本格的にやるならもっと作戦を練る必要がある。

スペックオーバーとはつまり、特に方向を統一していない平地の乱戦だと阿修羅に頼った防衛になりがちで、初期のレジスタンスがそうだったのだが、その方法ではかなり限界を感じた。少なくとも自軍より相手のほうが多い場合、確実に処理が間に合わなくなる。
しかもV3のエンペ周りの場合、階段からエンペへの進入経路が3つもありその穴を全てふさぐというのは不可能だ。

となると穴をひとつに絞る必要があり、今ぱっと考えると階段上になるかな。

しかし、崖上が崖撃ち不可ということもあり簡単にLPを通すことが出来るため、階段の脇に教授を配置してのLPの相殺合戦は必須だし、
階段下でただ大魔法を撃って、抜けてきたのを阿修羅で排除するというだけでは、大量に突撃された瞬間に終わる。

A5の守護石下の通路での、LPによる押し合いのような形を、あの階段でやり、
来た敵を倒すというよりも、敵を倒すために押し上げていくような形にしないと守りきるのはきついと思った。

まあその辺、月一回の連合Pv(Gv練習用ルール)が活きてきそうなので、積極的にやっていきたいところである。

その後L4に転進、ラストはV2に派遣にいったがCAFELATE?(スペル曖昧)がイナバをしておりタイムアップ、L4獲得。
[PR]
by not_tfac | 2009-03-23 02:54 | GvG

L2 攻略

WRCとの戦闘の感想。

やっててすごく熱意を感じた。
いや熱意あるよWRCは。

崖下から制圧空間への崖撃ち、崖撃ち不可地帯での忘れないで、等がいい意味でうざかったし
かなり熱心に研究しているのが分かった。

その熱心さには敬意を表するが、それ故に、盲点というか、もったいないなと感じた部分があった。
ああ、盲点じゃないな。

視点が違うんじゃないかな。

目立ってたのはこちらのデッドラインに何度も進入してくるLKとAX。
LKは対人装備を固めており、厄介だったし、AXも人ごみの中にいつもまぎれて来る。

対人装備と反射装備を持ちかえたりすれば、もっと厄介になるんじゃないかと思った。

以前、ケットとL2で対戦したときに痛感したのは
L2は制圧空間、またはデッドラインに突撃されてから敵を倒すというのは実質不可能。
なぜならば、制圧空間外から、制圧空間をつっきりデッドライン到達まで1クリックでいける。

それに大量に突っ込まれると、人が密集しすぎててクリックしづらいというのも結構デカイ。

つまり、ロキ防衛のように長い制圧空間(大魔法地帯)を歩かせ、そこでふるいにかけるという戦い方は出来ない。

逆に言うと1クリックで制圧空間を突破できる場所(適当にスタートラインと呼ぶ)までいかに前衛陣+αが詰め寄ることが出来るかだし、
防衛側視点でいうといかにそれを阻止するか。

前衛のみならず中衛、後衛までが準備万全の体制でスタートラインに到達した場合、
敵LKをバタバタ即死させられるような、よほどの火力が無い限り、その時点でほぼ勝敗は決まっている。

これ以上書くとアレなんで書きませんがまあ俺の視点はそんな感じですね。

今度銭様とネット飲み会()で語り合ってみるかな!


あとは、別にWRCと比べてうちのほうが質がいいです!ッてことを言いたいのではなく、
それとは無関係で最近思ってることで、イナバにも関連することなのだが、

Gv=数ゲーと考えたとき、極端にいうと自軍の数をいかに減らさずに、相手の数を減らしていくかということになんだが、相手の数を直接減らすことの出来るチャンプ等の質の差が、小規模は特に戦局を左右する。
(小規模の場合一人欠けた時の戦力の減少率が大きいから)

SE実装によりますます平地戦をする機会が増え、どの連合もスクリームに重点を置き始めており、
VIT60以下のチャンプでは阿修羅スタン不発したり、スタンによりSP剤叩きがままならない=回転力不足に陥ったり、最悪歩くのすらままならない。

これは今更強調することではないが、
全体的なVITLKの成熟により、1発火力の阿修羅にとっては辛い時代でもある。D装備があるとはいえ、その分反射もあるし。

つまり、何が言いたいのかというと、俺はもっと強くなんなきゃダメだなって独り言。


そういや、FPの#は驚愕だったな。
どんな装備、ステをしているのか気になり、
一発2K近くのダメージをAspd190でくらったとして、それだけのスペックを出すには・・・とらとりおで計算というか妄想をしてみたんだが、AGI-DEXカンスト+課金料理+バーサクピッチャーでもAspd188.8、

まさかDOPcか?なんて思ったが、有り得なくも無いような。

さて、

今後の展望。
大型化の波に、うちは乗らない。
多分、「負けるから」っていう理由で数だけ増やしても、意識の高い同数の連合には勝てないだろうし、
内容で負けてて数に頼った複数砦を取る作業なんてやってても面白くないだろうし。

この規模でやりつくした!っていうところまで、まずは自分なりにやってみたい。

あとやっぱFEのノーラグゲーのほうが楽しいってやっぱり。

以下、あくまで俺の目標(連合の目標ではありません)

ステップ1:ラスト10分~のSE層派遣に対してロキ防衛で守りきるだけの力を付ける。
大手に「落とせないと思わせる」のではなく、落とさせない。まずはここを目標。

ステップ2:SE層派遣に対してイナバ防衛(平地)で守りきる。
=平地、イナバでの経験を積み地力を上げていく。

ステップ3:SEのバリケ、守護石最速破壊フローを確立し、大手派遣の牽制とする。

ステップ4:SE砦の取得。

まあそれもあるし、あとはいつでも公平狩りが出来るように、
2009年の長期目標としてはギルメン半数転生オーラ、今時点で未転成の人は転生90台という目標を掲げて活動しています。
但し、「無理をしない」というのがモットーなので、目標ではあるが、ノルマでは無い。

前にも書いたが、うちは初心者も多く、例えば俺の復帰を知り、マッタリギルドから移住してきて、しかもGvに役立つキャラを一から作ってくれた人も居る。
そういう人も含めて、まずは短期目標の「全員90↑」に向かって活動している。
無理の無い範囲で、今のところ順調に進んでいるかな、有る程度。

ギルメンの募集に関しては、今後もします。
だけど偏った編成ではダメ。

SEも見越した場合、
前衛、中衛、後衛がバランスよく、そしてブラギ、教授、スクリーム、脱衣等の要職もきちんといるという1Gで一つの戦力として纏まれる構成が理想。

なので恐らく職限定の募集になると思います。
現在募集中なのはプリ、教授、前衛。やる気があれば基本的に誰でも歓迎。まずは面接からですね。

チャンプも募集していますが、チャンプに関しては↑に書いたような理由で条件があります。
それに関しては後ほど。
[PR]
by not_tfac | 2009-03-18 23:26 | GvG

3/8と今後

A5ブレイク後、勝負できたらしよう、とWRCに持ちかけていた。
A5はSEの中では構造がシンプルでとりあえずバリケ構築だとかその辺を練習するには良かった。
バリケ修復や守護石修復はそれなりに予定通り進んだと思う。

空き砦のA5をブレイクし、守護石、バリケ2まで修復しつつ入り口防衛開始。
数分後、WRC連突撃。

人数密度を考えた配置の詰めまでしていなかったので、ここはあっさり突破された。

第一守護石を捨て、第二守護石前の通路で防衛に移る。

LPの押し合いになるが、第一波は押し切る。
前に出すぎ感があったこともあり、EMCリチャージで体制を整える。

第二波でパラやWOWマスターにラインを抜かれる、が抜かれた後の処理Gを決めておいたので、ここは対処できた。

~第三波で更にLKに後衛地帯までBB連打等をされ崩れ始めるが、
ライン崩壊までは至らず持ちこたえられるかのギリライン。

多分まともな戦闘をしたのが初だったので、新鮮だったが、ラグはかなり酷かった。
クロークしながら逃げる相手マスターを追いかけたのだが、
アキレスと亀のように追いついて速度減少や阿修羅をクリックしても、発動せずに硬直し、その間に相手が進んでいるという。

援軍が駆けつけたとき俺はこう言った。
「MADマスター潜んでる」

「MADマスター??」

あまりのラグでミスった。敵マスターだった。

WOWともGv後話したんだが、ここは結構熱い戦いだったんで、
今度は逆パターンでやってみたいところ。

その戦いの結果としては、輪廻RDの介入により終了。

ここは短期間でかなり方向転換をしたみたいですね。

そして予定リミットの20:45あたりに丁度落城したので、FEに移動。

B1を防衛していると共生連+ケット。
ケットだけでも厳しい相手なのだが、新同盟により人数の増した共生まで一緒とは。

1、2度突撃を防いだところでケットの突入が止まり、その間にリチャージをしていると
2MAPでAnswerが封鎖行動をとっていた。

Answerにより足踏み状態のケット共生復帰組みからも攻撃を受け、奥に進もうとするとAnswerに攻撃されるという構図で、
残影があるといってもちょうど2MAPのENDあたりは曲がり角が連続しており、
突破は難しかった。

2MAPで逃げ回っていると、レジに編入していたMADの教授が後から来てこう言った。
「私がLPを出すのでそれを合図に残影で突破してください」
「おk」

その教授の後についていき、広間から細道への進入口あたりでLPを出してもらい、
次の瞬間残影で突破。

3MAPに着くと大量の共生、ケットエンブに迎えられるが、ここは入り口の曲がり角さえ抜ければあとは
ほぼ直線なので突破し、ERで無事EMCをすることができた。

あの状況を見て一瞬で打開策を考え、しかも冷静に言葉にして俺に伝えて成功させるとは・・・只者ではないと思った。
そしてああいう連携が決まると気持ちがいいもんだ。

再度陣形を建て直し、ケット+共生を迎え撃つ。
数度の突入を防ぐも、配置ミスや俺のSP財ケチり等により徐々に裁ききれなくなる。
(動画あとで見直したんだが、我ながらあれはありえねえ)

後方まで押されそうになり、そっからEMCで持ちこたえようとするも、あえなく撃沈という形。

人数に差があったのは確かだが、それだけではなく配置ミスや、今回大幅にお互いのギルドメンバーを移動させあってたのだがEMC後の動きをもう少し丁寧に打ち合わせて置くべきだった。

せっかく質のいいブラギ、教授がいるのにEMC後条件反射のようにバラバラになり、全くそれを活かし切れてなかったかもしれないので反省したい。あと献身を入れて置きたかった。

その後攻めを継続しようとするとまたもDC輪廻。
3MAPで戦闘を開始するがグダる前に転進。

そしてL5制圧防衛。
夢物語等と戦闘をし、それに関しては防いでいたが・・・
ここ数回の連続防衛と、今日の連戦で気が緩んでいた、というよりは大手の派遣が来ることは十分予想されているのにも関わらず迎撃体制が十分ではなかったな。指揮系統、というか俺の。

まあ今回はいつもより人数が少なかったというのもあるかもしれないけど、
砦入り口での見張り報告もなく3MAPでEMCされてから気付くとか、そんなん。
箱庭の突入を防ぐもGSが追加され完全に制圧された。

ラストはV2に敗走したが58分と転進への判断が遅すぎた。


Gv後の感想。

復帰後手探りというか目の前のことに精一杯で、あまり周囲を見渡せていなかったんだが、

今回宿無しになったこと、大規模に攻められ続けたこと、というのは
反省点を改善しなくてはいけないとかいうのは勿論のこと、

混沌としていた勢力状況がどういう方向に進んでいるのかがよく見えるGvでもあった。

復帰後俺のGv方針というのは以前に比べ漫然としていたが、
上記を理解したうえで、
俺のやりたいこと、レジスタンスという名を掲げたギルドとしてどうあるべきか、というより、ありたいか、
ここも輪郭が鮮明になってきた。

楽な道のりじゃないというのは分かってんだが、
一緒に頑張っていける同盟も見つかり、まずは目の前のことを一歩一歩やっていきたい。

てわけで近々募集要項をマジで更新しねえと。
[PR]
by not_tfac | 2009-03-10 21:17

スリッパチャンプ

f0127467_16111691.jpg

つい先ほど、記念すべきスリッパカード50枚目がでた。

転生するときに、15枚程度各地のルートmobに食わせたのでそれも含めると結構な枚数を出したことになるが・・・。

スリッパカード、別に、悲しいとも虚しいとも思わない。

むしろ俺にとっては勲章。

この雑魚チャンプがここまでやってこれてるのはこのスリッパ様のおかげだから。

俺は100枚を目指して今日もスリッパに八景をぶちこむ。

さて、話は変わり、
プロ南でよくGM募集チャットとか出してるんだが、先日新規らしいGvギルドを見かけた。

これはそのギルドとは全く関係の無い話だが、
俺のGvギルド設立のイメージとして、

人が集まるかどうかは、明確な方針を打ち立てられるか、実行できるだけの力があると思わせるだけのもの、あるいはプランがあるかどうか、だと思います。勿論、実力も。

有る程度人が増えてきたら、次に必要なのは結果。

結果が出せないとメンバーの充足感が無くて士気が上がらないという部分も、少なからずあると思う。経験上。そして経費的な意味でも。

エンブレムに関してはあまり重要視されてないんだが、文字の世界のROにとって、唯一視覚的に個性を表現できるのがエンブレムだし、エンブレムによるイメージというのも少なからず影響はあるはず。

Gv終了時、そのエンブレムを、傭兵を雇うなり、なんでもいいからとにかく、一度でもいいから砦の旗に自分のギルドのエンブレムを掲げる、これが重要だと思います。

なんて書くとシビアな世界に思えるかもしれないが、
あー、まあシビアはシビア。Gvは戦いですからね。

だから一人で背負い込まないことかな。
どんなタフな人間でも、一人でやれることには限界がある。

サブマス的な人がいるかいないかでも、大分変わるとおもう。
すぐ相談できる人が身近にいるかいないか。

初期のレジスタンスには居なかった。俺のワンマンギルドだった。
でも今は違う。
だから当時に比べ、精神的には大分楽にやらせてもらってます。

そういや指揮官が一人増えたので、募集要項もそろそろ変えないとな。
[PR]
by not_tfac | 2009-03-07 16:15

プリについて

どうも、現在絶賛プリ募集中です。

プリっていうと、あれかな、敵を倒すことなく裏方に徹するというイメージがあるかもだけど、
色々なGのプリを観察してみると、それぞれ個性が合って面白い。

また、LKは前衛PT、WIZは後衛PTという具合に大抵の職は所属するPTが有る程度固定なのに対し、
プリは全てのPTに所属する可能性があり、それ故に色々な職との連携をする機会がある。
これはプリ特有だと思う。

ちなみに俺はプリをメインでやったことはない。

だが、プリを相手にしたり、味方のプリと共に戦ったことは当然だが何度もある。
そんな俺の視点から、

1、純支援型:Gv中、ブレスやIA等、基本的な支援を切らすことなく、常に味方にスムーズな支援を行うタイプ。
  何も言わずとも支援をもらえるというのは、本当に幸せですよね!

2、妨害型:突っ込んできてブラギMBやLD、DAを掛け捲るタイプ。
  LK等と共に突っ込んできた場合、排除優先度は低いほうなのを利用し、敵陣奥深くまで突っ込んできて
  妨害をしてきたりする。
  恐らく前衛PT向き。

3、アシスト型:LAやニュマサンクロード等を積極的に狙い、味方の進軍や攻撃をアシストするタイプ。
  恐らく中衛PT向き。
  アシスト、つまり連携が上手く決まって敵を倒したときの快感はGvの醍醐味の一つでもある。

4、防御型:主に後衛を守護することによって、自陣確保の安定に非常に貢献度の高いタイプ。
  当然後衛PT向き。
  リカバやサフラ、ヒール、サンク等、後衛の生存率に直結するスキルを多用する。

5、オールラウンダータイプ


俺の中ではプリとは、裏方ってより、バレーボールでいうトスを上げる人かなと思ってます。

おれ自身はチャンプだから、やっぱアタックを決めにいくほうなんだけど、
トスがあるからアタックを決められる。

プリが「強い」ところはギルドとしても強い事が多い。

そんなわけで、もう一度言いますが、プリさん絶賛募集中!
タイプは上記1~5どれでも歓迎です。

あ、もちろん「Gv何それ?」って人でも全然オッケー。
そもそも、息を合わせる連携なんてものは一朝一夕で出来る物ではなく、何回もの練習の積み重ねが必要だし、お互いの意思疎通が出来て初めてできるもの。

だから最初から高すぎる理想を強要したりはしませんし、俺もされても困りますしね。

ギルド内の狩りに関しては、身内狩りが好きな人が多いので困ることは無いと思います。

あ、プリだけでなく教授とかペコ系も同じく絶賛募集中だゆ・
[PR]
by not_tfac | 2009-03-05 21:56 | 募集要項

Not is BACK ???

http://www.hydebest.com/
[PR]
by not_tfac | 2009-03-02 23:07